アーティストマネージャーになるには?【仕事内容や給料】

アーティストマネージャーになるには?【仕事内容や給料】

歌手やバンド、シンガーソングライターがよりスムーズに活動できるように支えるアーティストマネージャー。

アーティストは一人の力で動いているのではなく、このマネージャーのサポート力も重要な役割を担っています。そんなアーティストマネージャーになるにはどうすればいいのでしょうか。

そこで本記事では、アーティストマネージャーの仕事内容から給料、必要なスキルまで徹底的にご紹介いたします。

アーティストマネージャーとは?

アーティストマネージャーとは、その名のとおり “アーティストをマネジメントするお仕事”
です。

歌手やバンドのスケジュール管理はもちろん、仕事を取ってきたり、グッズの制作に関わったり、アーティストを目的地まで送迎したりと様々な面で音楽活動を支えます。

芸能プロダクションに所属している歌手・バンドには、そのプロダクションに勤務しているスタッフがマネージャーになることが多く、非所属のミュージシャンには、レコード会社、音楽レーベルのスタッフがマネージャーとして支えるケースが多いです。

アーティストマネージャーの仕事内容

仕事内容

アーティストマネージャーの仕事内容は多岐にわたります。

ライブ会場を見つけたり、テレビや雑誌のブッキング、楽器の手配、移動手段の手配など音楽活動にまつわる業務が中心ですが、中にはアーティストの生活面も支えているマネージャーもいます。

食事管理や家族の世話なども担当し、アーティストが余計なことを考えずに音楽に真剣に取り組める環境を作るのもアーティストマネージャーのお仕事であり、ときにはアーティストの今後の方針について一緒に考えたりと、活躍を左右する存在でもあります。

アーティストマネージャーに必要な資格・スキル

必要な資格・スキル

アーティストマネージャーになるにあたって特別に必要な資格はありませんが、車で送迎することが多いので普通車の免許が必要なところもあります。

他には様々なスキルが求められる難しい仕事であり、ミュージシャンのどんな要望にも答えることのできる対応力、テレビや雑誌に出るタイミング、ブッキングを行う判断力、いつどんなときに呼び出されても駆けつけることができる行動力、さらにアーティストの仕事が終わるまで徹底的に付き合う忍耐力などなど…。

さらに音楽活動をより快適に進めてもらうためには、暗い表情や辛そうな表情を見せるのも御法度!
いつも一番近くで応援し、支えてあげられる存在にならなくてはなりません。

アーティストマネージャーの給料・年収

給料・年収

アーティストマネージャーの気になる給料は、プロダクションやレコード会社によって大きく左右されます。

最初のころは時給制の場合も。金額も決して高いものではなく、時給1,000円からスタートすることもあります。
普通の会社員のように決められた日に休めるわけではなく、週休制度もありません。
ライブやレコーディング、イベントなど、活動中はアーティストマネージャーも一緒に行動しなければいけないので、生活はかなりハードと言えるでしょう。

一般的なアーティストマネージャーの給料は年収250万円程度から。ハードな仕事内容からすると少し安い気もしますが、その分アーティストにいい仕事を持ってきたり、担当するアーティストが増えたりした場合は、インセンティブで給料が上がるシステムのところが多いです。

売れっ子アーティストの担当マネージャーになれば、年収1000万円を超える人も!自分のやる気次第でどんどん開拓できるというのは、やりがいを感じることができそうですね。

アーティストマネージャーの生活

生活

アーティストマネージャーの生活は、まず迎えに行くところから始まります。朝、遅刻しないように余裕を持って迎えに行かなければならないので誰よりも早起きをする必要があります。

さらにそこから1日のスケジュールを把握してアーティストに報告
そこから1日中付き添い、帰宅できるのはアーティストを自宅に送り届けてからとなります。ときには会社やスタジオなどに泊まり込むことも。

ツアーを回る場合はそのツアーにも同行しなければなりません。ライブは夜に行われることが多いので、昼夜逆転した生活になることもあります。歌手・バンドが売れっ子の場合や、ツアー・フェスの出演などで忙しいときは、ほとんど休みは取れませんが、アーティストがオフになると休めることも。

しかしこの期間も事務仕事や次の仕事の交渉などがありますので、完全に休めるという保証はありません。

アーティストマネージャーはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

  • 人を支えるのが好きな人
  • 人の喜びや悲しみを自分のことのように感じられる人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • やる気がある人、体力がある人

アーティストマネージャーには、人を支えるのが好きな人、人の喜びや悲しみを自分のことのように感じられる人がおすすめです。

ライブやイベントが忙しいときだけでなく仕事がなく悩んでいるとき、失敗してしまったときもそばで支えて、また仕事をしようと思わせられるような人でなければ務まらないと言えるでしょう。

また、コミュニケーション能力が高い人もアーティストマネージャーに向いています。
アーティストマネージャーは様々な人とコミュニケーションを取って仕事を獲得しなければなりません。

さらに、やる気がある人、体力がある人もアーティストマネージャーには向いていると言えます。アーティストマネージャーをしていると、担当の歌手やバンドの私用につき合わされたりと、時折プライベートで振り回されることもあります。ですが、そうした要望にもきちんと応えてミュージシャンの生活を支えるのもアーティストマネージャーの努め。

早起きしてアーティストを起こしに行ったり、仕事が終わっても繋がりを得るために飲み会に参加したりなど、1日中アーティストマネージャーとして過ごさなければなりません。風邪を移しでもしたら大変ですので、体調管理がしっかりできるというのも大切です。

アーティストマネージャーになるには?

なるには?

アーティストマネージャーになるには、芸能プロダクションや音楽レーベルなどに就職・転職する方法が一般的です。

音楽系の専門学校を卒業して就職するという方法もありますが、大手芸能プロダクションの場合は4年制大学の新卒採用が多く、高い学歴が求められます。学部にはそこまでこだわりはないようですが、音楽の知識、経営、マネジメントの知識があるということを面接でアピールできるといいですね。

最近ではアーティストマネージャー専用の養成学校もあります。大学に通いながら、ほかの仕事を続けながらこのような養成学校に通うことで、就職、転職に有利になることでしょう。

アーティストマネージャーの仕事まとめ

アーティストマネージャーの仕事、給料や生活サイクルなどをご紹介いたしました。

歌手やバンドと一心同体とも言えるアーティストマネージャー。ミュージシャンを心身ともに支えて、成功に導いてあげましょう!

アーティストマネージャーになるには大学卒業後芸能プロダクションに所属するのが一般的でしたが、最近はアーティストマネージャーを目指す人も増えてきて専用のコースを開設している学校もあります。もっと本格的にマネージャーを目指したい、必要なスキルを身につけたいという方は、そのようなコースもチェックしてみてくださいね。

本サイトでは、全国で募集する「アーティストマネージャーの求人」を掲載していますので、是非あなたの夢を掴んでください!

職種から探す

業務形態から探す

地域から探す