作曲家になるには?【仕事内容や給料】

作曲家になるには?【仕事内容や給料】

アーティストに楽曲を提供したり自身で発表したりする作曲家。

高い音楽的センスが必要で、孤独な職業でもあります。しかし、最近では作曲家になるためのハードルも低くなり、未経験からでも作曲家を目指すことができるシステムが整いつつあります。

今回は、作曲家になるにはどんなスキルが必要なのか、どんな仕事内容があるのかをチェックしていきましょう。なりたい方必見です!

作曲家とは?

作曲家とはその名のとおり、自分の手で楽曲を生み出し、世間に公表する仕事のことです。

自分で作曲したものを発表したり、アーティストに提供することも。自分で作った楽曲を自分で歌う人をシンガーソングライターと呼びます。

また、楽曲を提供するだけでなくそのアーティストの方向性にも意見する人のことを音楽プロデューサーと称することも。ポピュラー音楽からクラシック演奏家まで、作曲家には幅広いジャンルで活躍している人がたくさんいます。

自分で一から楽曲を作り上げなければならず、収入を得るためには楽曲を作り続けなければなりません。自分で仕事を探したり、自分の楽曲を売り込んだりする必要もあり、音楽を作るだけでなく様々なスキルも必要です。

作曲家の仕事内容

仕事内容

作曲家には様々な仕事内容があります。自分の作った楽曲をどんな人に提供するのかという点から見ていきましょう。

まずはアーティストに提供する場合。その事務所や音楽レーベルから依頼を受け、リクエストに沿った楽曲を作る必要があります。また、DMや演劇、ドラマや映画の楽曲を提供する作曲家もいます。短い時間でいかに視聴者の印象に残る曲を作れるかが鍵となります。

さらにゲームの音楽や効果音を作る作曲家も。ゲームなどの制作会社に就職して作曲するタイプの人が多く、作曲家にしては珍しく会社員として働くことになります。

作曲家の多くは依頼を受けて作曲を始めるのが主な仕事内容となりますが、提出した楽曲を修正したり、よりいいものにするために編曲したりといった仕事も含まれます。売れっ子の作曲家になるまでには自分で楽曲をいろんな人に聞いてもらうように売り込むところまでが仕事に含まれることも。

作曲家に必要な資格・スキル

必要な資格・スキル

作曲家になるためには、高い音楽スキルが必要になります。

ただ音楽が好き、楽器が演奏できる、絶対音感があるといったレベルではなく、音楽の構造やトレンドを理解するスキルは最低限持ち合わせていなければなりません。

自分の好きな音楽だけを作って食べていける人はほとんどおらず、どのような楽曲が売れるのか、依頼主はどのような楽曲を望んでいるのかを考え、最適な楽曲を生み出す必要があります。

最近では音楽業界もデジタル化が進んでおり、ピアノやギターが弾けなくても簡単に作曲することが可能になってきています。
その分、デジタル機器を使っていかにクオリティの高い楽曲を作れるかも求められるようになりました。

依頼から納品まですべてネット上で行われることもあり、ある程度のパソコンの知識、作曲ソフトを使いこなす力も必要と言えます。

作曲家の給料・年収

給料・年収

作曲家には「企業に所属している人」「制作会社と契約している人」「完全にフリーランスで活動している人」がいます。それぞれで給料も大きく異なりますが、まずは企業に所属している人の給料から見てみましょう。

企業に所属している場合は、普通の会社員とさほど給料は変わりません。月給制となり、作曲家というクリエイティブな職業でありながら安定した生活を送ることができるでしょう。

制作会社と契約している場合は、出来高制、歩合制となることがほとんどです。納品後著作権を制作会社に明け渡す場合は、その楽曲がヒットしても最初の契約料のみの収入となります。

フリーランスで働いている場合は、完全に実力のみで生計を立てていかなければなりません。楽曲コンペなどに参加して、賞金を得たり取引先を探す必要があります。印税契約をすれば、売れっ子の作曲家なら数千万円もの収入を得ることができるでしょう。しかし収入が全くない場合ももちろんあり、非常に不安定な収入となります。

作曲家の生活

生活

作曲家はまず作曲の依頼を受けること、コンペを見つけることから仕事をスタートさせます。

依頼を受けた場合は依頼主と入念に打ち合わせをして、どのような楽曲が求められているのかを理解していきます。

締切までに楽曲を作り上げ、依頼主に送ります。場合によっては何パターンか作成して、依頼主に選んでもらうということも。
納期を守って一定のクオリティを維持することができるのなら基本的に自由な職種と言えます。

早々に楽曲が完成すればあとはオフとなりますし、煮詰まってしまえばとことん缶詰めになって働かなければなりません。

フリーランスなどの場合は自宅や専用のスタジオで作業することも多く、かなり孤独な毎日を過ごすことにもなります。自分が働きやすい環境を整え、最適な働き方を見つけていくことも大切です。

作曲家はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

作曲家は、1日に何曲も作曲したり様々な要望に応えつつも自分の色を出すことができる、作曲を楽しめる人でなければ続けることができません。音楽漬けの毎日でも苦にならないという人は作曲家に向いていると言えます。

また、自分の好きな音楽だけでなく仕事として様々な音楽に触れ、吸収して作曲に還元できる好奇心や探究心も必要。
トレンドを意識した楽曲を作ることができる人も、作曲家として成功することができるでしょう。

黙々と一人で作業を進められる人も作曲家に向いています。しかし一人で作業するだけでなく、依頼主と交渉したり、自分の作った楽曲をアピールするためには、営業力・コミュニケーション能力も必要です。

納期や依頼内容をきっちり守ることができるという最低限の社会人としてのマナーもわきまえておかなければなりません。

作曲家になるには?

なるには?

作曲家になるには、主に4つの道があります。

1つ目は「オーディションやコンペに参加」する方法。
レコード会社やプロダクションが行っているオーディション、コンペを探し、内容に沿った楽曲を提出します。
受賞したり、プロデューサーの目に留まれば、今後仕事を受けやすくなるでしょう。このオーディションやコンペの賞金で生計を立てている人もいます。

2つ目は「自身で演奏」する方法。
バンドやシンガーソングライターがこのタイプとなります。自身で作曲だけでなく編曲、レコーディングなども行う必要があり、様々なスキルが必要となります。バンドの場合は、メンバーとの方向性が一致しているかどうかも考えていかなければなりません。

3つ目は「ネットに自分の楽曲を公開」するという方法。
最近ではボーカロイドなどに自分の楽曲を演奏、歌わせるといった方法を取る作曲家もおり、注目されてCDデビュー、という道のりを選ぶケースも。

最後は「制作会社に就職」するという方法。
ゲーム会社などに就職して、その作品にまつわる楽曲を作成します。いずれにしても音楽の知識、作曲に関する最低限の基礎を学ぶ必要があります。専門学校で音楽知識を学ぶ、独学で様々な楽曲を聞き込んでアウトプットするなどの努力が大切です。

作曲家の仕事まとめ

作曲家の仕事について、その内容から収入までご紹介いたしました。

近年ではデジタルで作曲ができるようになってきており、楽器が引けない、楽譜が読めないという方でも作曲家を目指すことができるようになってきています。

自分の可能性をもっと広げたい、表現したい音楽があるという方は、ぜひ作曲家を目指してみてくださいね!

→ 「作曲家の求人」を探す!

職種から探す

業務形態から探す

地域から探す