イベント・コンサートスタッフになるには?【仕事内容や給料】

イベント・コンサートスタッフになるには?【仕事内容や給料】

アーティストが行うコンサートを影で支えるコンサートスタッフ。音響、美術、証明、運搬など様々な役割がありますが、これらをすべてコンサートスタッフと呼びます。

ライブの感動を作り上げるコンサートスタッフになるには、一体何から始めればいいのでしょうか。コンサートスタッフの仕事内容や給料、なるためにはどうしたらいいのかについてご紹介いたします。

コンサートスタッフとは?

コンサートスタッフとは、コンサートを作りあげるスタッフのことです。ライブはアーティスト一人の力だけで成り立つものではなく、数え切れないほど多くのコンサートスタッフが携わっています。

アーティストの歌声や楽器の音をより美しく会場内に届かせるために音響機器の操作を行うミキサー、曲や場面転換によって照明を操作してコンサートを盛り上げるライティングスタッフ、バックに流れる映像や演出などを手がけるステージ演出家、さらにはステージを作り上げるスタッフ、客席を管理するスタッフ、当日コンサート中にファンの行動をチェックするスタッフなど、本当に様々なコンサートスタッフがいます。

一口にコンサートスタッフと言ってもその活動の範囲はそれぞれで、各分野の専門家が集結して一つのステージを作り上げているのです。

ライブやコンサートに行ったことがある方ならどんなスタッフがいるのか想像しやすいかと思いますが、観客から見えないところにもたくさんのコンサートスタッフが活躍し、コンサートを支えてくれています。

コンサートスタッフの仕事内容

仕事内容

コンサートスタッフの仕事内容は多岐にわたります。コンサートスタッフはコンサート当日を最大に盛り上げるため、かなり前から入念な打ち合わせを行っています。

美術担当ならステージ構成や衣装、演出などをアーティストと相談し、会場によってその演出は可能なのか、可能な場合何から準備すればいいのかなどの交渉を行います。

音響担当ならそのアーティストの楽曲を聞き、どのように聴かせるのが一番いいのか、また音響装置は何が必要か、ときにはコンピューターで操作して音源を作ることもあります。ステージの設営はコンサートの1日前から始まることが多いです。

コンサートスタッフに必要な資格・スキル

必要な資格・スキル

コンサートスタッフになるために絶対必要な資格というものはありませんが、舞台の設営などに関わりたい場合は国家資格である舞台機構調整技能士を取得しておく必要があります。

その他、資格は必要ないものの音響、照明、演出などは専門的な知識が求められます。最新の設備の情報をいつでも入手できるよう、トレンドに敏感になる必要もあるでしょう。

また、アーティストが同じだからコンサートの内容がすべて一緒というわけではありません。会場が変わるごとに音響、照明、演出なども一から調整していく必要があります。敏感に対応できる優れた耳、目を養うことも大切です。

いずれにせよ資格というよりは経験と実績といったスキルがものを言う仕事と言えます。

コンサートスタッフの給料・年収

給料・年収

コンサートスタッフの給料はその職種によて大きなバラつきがあります。
中でも音響、照明、映像など、ステージ構成に関わるステージエンジニアは専門職であり、コンサートスタッフの中でも給料が高くなります。

所属会社からもらえる給料、会場の規模、またアーティストに指名された場合などで給料は変動しますが、安くても300万円から、高いと1,000万円を超えることも。

しかし最初のころはアシスタントとして安い給料で働かされたり、お金がもらえない、歩合制というケースもあり、一人前になるまでは忍耐力が必要かもしれません。

楽器や舞台装置などコンサートにまつわるものを運搬するスタッフは、平均して300万円~400万円の年収です。新人の場合は月給15万円程度と決して高くはありませんが、長年勤めていると徐々に月給も上がっていきます。

さらには警備、受付、設営のスタッフ。これらは派遣会社のスタッフが担当することが多いです。時給800円~1,200円ほど。受付のスタッフは安めの給料となり、設営、警備など体力が必要で危険性の高い仕事は時給が高くなります。

コンサートスタッフの生活

生活

コンサートスタッフの生活はそのライブが行われる日時や内容に左右されます。

アーティストは本番前にリハーサルを行いますが、そのアーティストが入ってくる前から準備を始めることもあります。

運搬・設営にまつわるスタッフは、決められた日時までに舞台装置などを運び込み、ステージを完成させなくてはなりません。ときには徹夜になることもあるでしょう。

基本的に固定の休みがないお仕事で、コンサートは土日に集中して行われるため休日は平日が多く、さらに不定休となることでしょう。依頼がたくさんあるコンサートスタッフなら仕事漬けの毎日となりますが、まだ経験が浅いコンサートスタッフだと仕事がほとんど来ないということも。

全国ツアーに同行する場合は、その期間はアーティストやほかのスタッフと一緒に過ごすことになりなかなか自分だけの時間を作ることが難しくなります。

コンサートスタッフはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

音響、照明、芸術など、それぞれの専門分野の興味がある人、またコンサートが好きという気持ちが強い人にコンサートスタッフはおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 専門分野の興味がある人
  • コンサートが好きという気持ちが強い人

自分の力でコンサートをよりいいものにしていくという達成感は一度味わうと忘れられないものになることでしょう。

コンサート前からコンサート当日に向けて入念に打ち合わせを続けられる体力や忍耐力、会場によって変わる音響、照明、芸術などを調整する対応力や判断力、さらにアーティスト、その他スタッフと打ち解けるためのコミュニケーション能力などスキル以外にも様々なことが求められる仕事でもあります。

休日もいつ取れるかわからないお仕事ですので、仕事に生活を捧げられる、とにかくコンサートに関わる仕事がしたい!という方にはコンサートスタッフをおすすめします。

コンサートスタッフになるには?

なるには?

コンサートスタッフになるには、まず専門の知識を身に付ける必要があります

音響、照明、芸術の各分野の専門学校に通ったり、芸術系の大学に通って知識をつけていきましょう。ステージ構成のコースがある専門学校に通い、コンサートスタッフを目指すという道もあります。

コンサートにまつわる知識、スキルを身につけたら、舞台制作会社やイベント制作会社、芸能プロダクション、エンジニアプロダクションなどに就職します。

就職してすぐに第一線で働けるというわけではなく、しばらくは先輩の見習いのような形でコンサートに同行することになります。
いくら専門学校や大学で勉強していても、その本番や会場でしか学べないことは非常にたくさんあります。この下積みも辛いものになる可能性がありますが、それでも柔軟に学んでいく姿勢が必要です。

会社で成功したり、アーティストから指名を受けるようになったコンサートスタッフは会社を辞めてフリーランスで活躍するようになります。

コンサートスタッフの仕事まとめ

コンサートスタッフの仕事内容やどんな手順を踏んでコンサートスタッフになれるのかについてご紹介いたしました。

コンサートを最高の仕上がりにするために欠かせないコンサートスタッフ。芸術的な才能が必要な職業ですので、下積みが大変という印象が強いかもしれませんね。しかし、アーティストと一緒にステージを作り上げる喜びは何者にも変えられません

まずは自分がどの分野で一番活躍できそうなのかをチェックして、専門学校や専門のコースをチェックしてみましょう!

本サイトでは、全国で募集する「コンサートスタッフの求人」を掲載していますので、是非あなたの夢を掴んでください!

職種から探す

業務形態から探す

地域から探す