音響・PAエンジニアになるには?【仕事内容や給料】

音響・PAエンジニアになるには?

ライブやコンサートで、音を調整する「音響・PAエンジニア」のお仕事。

職場は音楽フェス等の大きな会場から、身近なライブハウスやコンサートホールなど様々です。

今回は、そんな「音響・PAエンジニア」の仕事内容や給料、就職するにはどうしたらいいの?といったテーマについてお話します。

音響・PAエンジニアとは?

音響・PAエンジニアとは、アーティストが自然に演奏できるようにサウンドを調整する音のスペシャリストであり、観客を魅了するライブサウンドを生み出す仕事です。

一口に「音響・PAエンジニア」と言っても、ライブやコンサートなど華々しい仕事だけでなく、冠婚葬祭などの厳粛な音響設備といった仕事もあります。

環境やアーティストの演奏に臨機応変に対応できる、絶妙なミキシング技術が求められます。

音響・PAエンジニアの仕事内容

機材の搬入、セッティング、オペレート、撤収、メンテナンスまでが音響・PAエンジニアの仕事です。

音響・PAエンジニアの主な仕事

  • 機材の搬入出
  • セッティング
  • 音響機器の調整・操作
  • メンテナンス

基本的に決まった定時はなく、イベント現場のスケジュールに合わせて働きます。時間帯は夜型なことが多く、深夜に仕込みを行ったりと、生活リズムが崩れがちです。

音響・PAエンジニアは、照明や映像など他のスタッフと協力して1つのイベントを作り上げていくため、他のセクションとの連携も求められます。

「仕事の時間帯や、他セクションとの連携」が少し大変なお仕事ですが、イベントが終了し観客の笑顔を見れた時や、出演者から感謝の気持ちを伝えられた時の喜びは何物にも代えられません。

音響・PAエンジニアに必要な資格・スキル

音響・PAエンジニアになるためには、以下のスキルが求められます。

必要なスキル

  • ケーブルの八の字巻き
  • 音楽知識
  • 音響機器の操作技術
  • コミュニケーションスキル
  • 体力

音響・PAエンジニアに就職したら、最初に教わるのが「ケーブルの八の字巻き」。ケーブルを巻く機会が多い音響スタッフにとっては必須スキルです。ケーブルを痛めずに素早く巻けるようにしっかり練習しましょう!

また、音楽知識や音響機器の操作技術はもちろん、スタッフとの連携などコミュニケーション能力も求められます。さらに、アーティストから「~~のようなサウンドにしたい」という要望にも柔軟に答えられるスキルが必要です。

必要な資格

  • 普通自動車免許
  • 中型自動車免許

PAエンジニアになるために「資格」は必要ありませんが、音響機材を運搬することが多いため、中には「普通自動車免許」や「中型自動車免許」が必須という会社もあります。

音響・PAエンジニアの給料

音響・PAエンジニアの初任給は「月給15~16万円」程度です。会場の規模やアーティストの知名度などによって給料は変わりますが「年収300~500万円」が相場と言われています。

音楽業界の音響・PAエンジニアには、ツアーで全国をまわる人と、音楽施設に常駐する人に分かれます。

コンサートホール勤務の場合は、団体職員として採用されるケースも多く、待遇面では安定しています。地元のライブハウスの場合はアルバイト・パート採用が多いため「時給750~1,500円」程度になります。有名なアーティストを担当して、年収1,000万円を稼ぐ人もいるので、スキルや実績によって大きく左右されます。

音響・PAエンジニアの生活(勤務時間や休日)

コンサートホールに常駐する場合、勤務時間は10:00~18:00、週休2日制が基本になりますが、公演スケジュールによって変動します。

アーティストのツアーに同行したり、イベントに出向く場合、決まった定時はなく勤務時間や休日は交代制となり、朝早くから仕込みが始まり、深夜まで撤収作業に追われることも多く、生活が不規則になりがちですので、体調管理には気をつけましょう!

厳しい環境ですが、下積み時代をしっかり乗り越えて実績を積み、能力が認められると昇給も見込めます。

音響・PAエンジニアはこんな人におすすめ

音響・PAエンジニアは技術職であり、職人気質な人が多い職業です。

上下関係の厳しい業界なため、明るい性格でコミュニケーション能力に長けた人に向いています。年上から好かれる協調性のある人は適任でしょう。

音響・PAエンジニアに向いている人

  • 明るい性格
  • 協調性がある
  • コミュニケーション能力に長けている
  • 年上から好かれやすい人

音響・PAエンジニアになるには?学校や就職先など

音響・PAエンジニアになるには、音楽の専門学校や大学の音響・電子工学で、音響に関する知識や技術を身に付ける必要があります。

主な就職先は、音響会社、コンサート制作会社など。最初はアシスタントとして経験を積み、憧れのメインエンジニアになるまでには最短でも3年、一人前になるまでには10年以上かかるとも言われています。

最近は、劇場やライブハウスに就職し実績を積んでから、独立してフリーランスとして活躍する人もいます。

音響・PAエンジニアの就職先

  • 音響会社
  • コンサート制作会社
  • ライブハウス
  • ホール・劇場
  • ホテル
  • テーマパーク
  • 冠婚葬祭の式場

音響・PAエンジニアの仕事まとめ

音響・PAエンジニアは、観客を魅了するライブサウンドを生み出す仕事です。重労働で非常に厳しい世界でもありますが、ライブ終了後の観客の笑顔や、出演者にお礼を言われた時は何物にも代えられない喜びがあります。

本サイトでは、全国で募集する「音響・PAエンジニアの求人」を掲載していますので、是非あなたの夢を掴んでください!

職種から探す

業務形態から探す

地域から探す