音楽プロデューサーになるには?【仕事内容や給料】

音楽プロデューサーになるには?【仕事内容や給料】

歌手、アーティストなどの魅力を発見して世間に広める音楽プロデューサー。

音楽活動全般の知識が必要なお仕事でハードな一面もありますが、そのやりがいは非常に大きく、音楽プロデューサーを目指す方も多いです。

今回は音楽プロデューサーになるにはどうすればいいのか、必要なスキルや向いている人などについてご紹介いたします。

音楽プロデューサーとは?

音楽プロデューサーは歌手やアーティストが発売する楽曲のすべての責任を担うお仕事です。

歌手の魅力を最大限に引き出すためには何ができるのかを考え、より理想に近いものを作り上げていかなければなりません。
プロデューサーへの道は様々であり、これ!といったなり方がないのも特徴。

多くの下積みを経て音楽プロデューサーとして成功する人もいれば、現役でミュージシャンをしつつ他のアーティストやミュージシャンをプロデュースするという人もいます。

また、音楽プロデューサーとしての仕事範囲も様々。アーティストを発掘するところから始まり、アルバムの発売、ツアーの日程まで、幅広い分野を担当することになります。

音楽プロデューサーの仕事内容

仕事内容

音楽プロデューサーはアーティストやミュージシャンを育て上げ、より魅力的に世間に知らしめるために最善策を取るのが主な仕事です。

アーティストのビジュアルや楽曲、方向性を理解し、企画や楽曲を立案していきます。ときには作詞家、作曲家への依頼をしたり、レコーディングに同伴することも。制作から発売までのすべての工程の最高責任者となり、指揮を取っていきます。アーティストだけでなくそれに関わるエンジニアやスケジュールの管理も行い、プロモーション活動の手配も進めていく必要があります。

自分のやりたいことだけでなくアーティストの意思を尊重したり、方向性が違う場合はよく話し合って折り合いをつけたり、さらにレコード会社などが提示する予算に合わせた手配も必要です。

音楽プロデューサーに必要な資格・スキル

必要な資格・スキル

音楽プロデューサーには明確な資格というものはありません。

しかし、スキルに関しては様々なものが必要になります。音楽に関する幅広い知識や経験はマスト。このアーティストにはどんな楽曲が最適か、どのような売り方が最適かを見極めなければなりません。

音楽情勢やトレンドに敏感になる必要もあります。
ミュージックが好き、楽器が演奏できる程度の知識では到底及ばず、ときには自分の興味のない分野もしっかり勉強していかなければなりません。

また、いきなり音楽プロデューサーになれるというわけではなく、音響スタッフ、ミュージシャン、マネージャーなど、業界に長く携わってノウハウを身につけていく必要があります。

さらに好きなアーティスト、楽曲をプロデュースするだけでなく、どうすれば売れるのかといったビジネスの知識も必要。予算管理、営業のセンスも必要です。

音楽プロデューサーの給料・年収

給料・年収

音楽プロデューサーはすでに音楽業界では有名人になっている人がほとんど。そのため、高給取りであると言っていいでしょう。

例えば、自身もアーティストとして活躍しつつ様々なアーティストをプロデュースしている小室哲哉さん。彼の最高推定所得は23億円とも言われています。自身のコンサートなどもありますが、その件をなくしてもかなりの高所得となることでしょう。

一方で、会社に所属している音楽プロデューサーや駆け出しの場合は、1曲あたり数万円でアーティストをプロデュースすることも。年収にすれば300万円~500万円とも言われており、これはアーティストとの契約内容によっても大きく差がありますが、やはり下積みは長く生活が苦しいこともあるでしょう。

音楽プロデューサーの生活

生活

音楽プロデューサーの生活は非常に不規則な場合が多いです。

人気のアーティストを担当した場合は、プロデュースから発売後のプロモーションまでほとんど休みなく走り続けることもあるでしょう。しかし、会社員としてプロデューサーとなる場合は、ある程度プライベートな時間をとれるでしょう。

音楽プロデューサーは最高責任者であるため、自分のスケジュール管理をしやすいというのがメリットの一つと言えます

会社員の場合は、土日にコンサートやれコーディングがあっても代休を取れることがありますが、自身もミュージシャンとして活動している場合はプロデュースと並行して自分の活動も行わなければならないため、かなりハードな毎日となることでしょう。

音楽プロデューサーはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

音楽プロデューサーになるには、基本的に音楽のセンスは必要不可欠です。

世間のトレンドを理解しつつ、そのアーティストにしかない魅力を引き出す楽曲やビジュアルを考えていく必要があります。長い下積みも必要なので、忍耐力があり音楽プロデューサーになるという明確な夢を持ち続けることができる人にもおすすめ。

さらに、プロデューサーの一つの選択が今後のアーティスト生命を左右することも。どんな仕事にも責任を持って携わることができる人でなければ音楽プロデューサーは務まりません。

新しいこと、まだ誰も目をつけていないものを見つける力、誰も考えなかったようなことを発案するアイデア力も必要。イベント企画を考えるのが好き、実際に成功してきた経験があるという人には、音楽プロデューサーはおすすめです。

他にもコミュニケーション能力の高い人も向いています。芸能界には様々なこだわりを持った個性豊かな人たちが集まっています。そんな人たちをまとめあげることができる、リーダーシップの強い人も音楽プロデューサーには向いていると言えるでしょう。

音楽プロデューサーになるには?

なるには?

音楽プロデューサーになるには、音楽業界で長く下積みをする必要があります。学歴や資格は不問ですが、アシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーの経験が必須な求人も多々あります。

音楽プロデューサーへの道は「音楽業界に就職する方法」と「ミュージシャン、クリエイターから音楽プロデューサーに転職する方法」があります。

音楽業界に就職するにはレコード会社やレーベルに就職し、業界のノウハウや音楽プロデューサーを間近で見てやり方を学んでいく必要があります。

一方で、ミュージシャンやクリエイターから転職する場合は、すでに音楽業界である程度成功している必要があります。
名の知れたミュージシャンが新人アーティストをプロデュースすることで世間からの注目も集まり、よりヒット曲を生み出すことができます。すると、用意される資金も増え、スムーズに準備を進めることができるでしょう。

反対にアーティストとしての芽が出なかったものの、音楽センス、経営センスなどが高く、プロデュースの方が向いていたという人も。音楽プロデューサーへの道はたくさんありますので、自分にぴったりのものはどれなのか、今から見極めて虎視眈々
こしたんたん
とその機会を狙う必要があります。

音楽プロデューサーの仕事まとめ

アーティストの楽曲や活動の最高責任者である音楽プロデューサーについてご紹介いたしました。

音楽プロデューサーと言ってもその仕事内容は様々で、1曲のみをプロデュースすることもあればアーティストのデビューからその後もすべてプロデュースすることもあります。

自分の手でアーティストを成功に導くことができる反面責任も重大な音楽プロデューサー。その入口はたくさんあります。まずは音楽業界に関わる仕事をチェックしていきましょう!

本サイトでは、全国で募集する「音楽プロデューサーの求人」を掲載していますので、是非あなたの夢を掴んでください!

職種から探す

業務形態から探す

地域から探す